読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

地元と大手

http://www.matsumoto-koumuten.jp/news/?p=1#1478574938-914673

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

前回は業者の種類と選ぶ際のポイントをお話しました。
しかし、大手有名住宅メーカーと地元密着型の工務店どちらがいいだろうというのは悩みどころかもしれません。
やはり、リフォーム以外でも何でも共通するかもしれませんが、聞いたことのないものよりも、
名前を知っていると安心感を感じられますしそっちを選んでしまいがちですよね。
今回は名前や知名度だけでなく実際にはどのような違いがあるのかお話しようと思います。


まず、大手メーカーは実際に施工をするのは下請けの業者であるということを知っておく必要があるでしょう。
そのため、大手メーカーに依頼するとお客さんは実際にどんな人が施工してくれるのかわからないのです。
なので他の人が高い評価をしていても、その工事を担当した職人があなたの家の工事をしてくれるとは限らないのです。
対して、工務店だと実際にどんなひとが施工してくれるのかもわかりますし、同じ人が他の家も工事しているでしょうから、評判も信頼できます。


施工期間に関しては大手メーカーはマニュアルに沿って工事を進めるため、地元工務店よりも早いことがあります。
施工期間を気にする方は実際にどれほどかかるか相談した上で検討しましょう。


また、大手メーカーは工務店よりも展示会やイベントを沢山開催していたり、パンフレットにも豊富な種類が載っていて参考にしやすいかもしれません。
しかし、反面ではそのような広告費にお金を掛けていたり、施工期間を短くするために規格品を多く作っているため、工務店よりも価格が高いです。


工務店は規格品を使うことなく、こだわりを持って品質の高い家をつくることが多いため、安くて質のいい家を建てられるでしょう。
ただし、質に関しては工務店によって異なります。
特に近年、工務店は2極化が進み、目まぐるしく進化していく住宅産業界で生き抜くために
日々勉強し、学ぶことで新しいものを積極的に取り入れているところとそうでないところがあります。
つまり、大手メーカーと同等もしくはそれ以上の品質や性能の家をたてることが出来る工務店
出来ない工務店の差がはっきりとしてきました。
そのため、前回の記事でもお話したように価格や実績を踏まえての検討が必要でしょう。


いかがでしょうか。地元工務店と大手メーカーのメリットデメリットを踏まえ、ご自身の希望に合う方を選んでくださいね。

 

www.matsumoto-koumuten.jp