読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

注文住宅のキッチン~I型キッチン~

f:id:matsumoto-326-345:20161213082529j:plain

 

注文住宅をご検討の方、キッチンはほぼ毎日使う場所だからこそ、こだわりたいですよね?特に女性の方や、毎日料理をされる方は、キッチンが自分にとって使いやすければ、生活が楽しく、充実したものになるでしょう。

近年、様々なキッチンが提供されており、多種多様なキッチンが市場に並んでいます。その中でも、注文住宅に一番人気なのが、オープンキッチン(DK・LDKなど他の部屋と一体になったキッチン)です。実は、オープンキッチンの中にもいくつか種類があり、キッチンの設置できるスペースやお料理の用途に合わせて、自分に合ったキッチンを選択する必要があります。今回は注文住宅を検討中だけど、どんなキッチンにしたらいいのかわからないという方のために、オープンキッチンの一つ、I型キッチンについてご紹介していきます。

I型キッチンは、コンロ、作業スペース、シンクがキッチンの土台となる天板の横一列に並んだオープンキッチンのことです。I型キッチンはオープンキッチンの中でも、最もスタンダードでシンプルな作りになっているキッチンだと言えます。では、このI型キッチンはどのような特徴があるのでしょうか?

まず、I型キッチンは、キッチンの設置に場所を取らないというメリットがあります。オープンキッチンは、比較的大きく、設置に間取りを必要とするものが多いのですが、I型キッチンではそのような心配はほとんどありません。

また、最もポピュラーなため、デザインやオプションが豊富であるのもメリットの一つです。I型キッチンは選択する人が多いため、取り扱い企業はお客様に喜んで頂くために、色々な種類のI型キッチンを用意しています。

一方で、デメリットもあります。それは、I型キッチンはシンプルな作りのため、作業スペースが他のオープンキッチンに比べると狭いことです。オープンキッチンなので、普通にお料理するには、十分な広さなのですが、お料理を趣味とされる人や、料理にこだわりを持たれる方には少しもの足りなく感じるかもしれません。

いかがでしょうか?I型キッチンは最もスタンダードなオープンキッチンです。オープンキッチンについて興味を抱かれた方は、まずI型キッチンからご覧になられてはいかがでしょうか。

 

f:id:matsumoto-326-345:20161213082529j:plain