読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

注文住宅のキッチン~L型キッチン~

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

f:id:matsumoto-326-345:20161215074455j:plain

 

 

前回、I型キッチンは天板の上に、コンロ、作業スペース、シンクが横一列に並んだ作りだとご紹介しました。今回ご紹介するL型キッチンは、天板が直角に曲がっている構造になっています。シンクとコンロが直角に曲がったそれぞれの辺上にあるため、I型キッチン比べると、シンクとコンロが離れたところにあるのです。では、このような構造になっているL型キッチンには、どのような機能上の特徴があるのでしょうか?

L型キッチンの大きな特徴として挙げられるのが、I型キッチンに比べて作業スペースが取りやすいことです。シンクとコンロが離れており、作業スペースを広く確保できるため、I型キッチンよりさらにお料理がしやすくなっています。他にも、動線を確保しやすいため、複数人での作業も可能なのも特徴です。

また、I型キッチンに比べて、収納スペースが広いというのも大きなメリットとされます。I型キッチンよりも、多くの収納スペースを確保できるため、多くのお料理道具や食器を使うことができるでしょう。

さらに、オープンキッチンの中では、価格がリーズナブルであることも大きなメリットの一つです。I型キッチンに比べると、少し高いですが、他のオープンキッチンに比べる手が出しやすいものが多くなっています。

一方で、L型キッチンならではのデメリットもあるのです。まず、一番最初に挙げられるのが、コーナー部分のデッドスペースでしょう。キッチンの構造上、L型のコーナー部分では非常に作業しにくく、物を置くくらいしか利用できません。

また、I型キッチンと同様、L型キッチンを設置するには、意外と大きな間取りが必要になるのもデメリットの一つです。L字に折れ曲がった構造をしているので、間取りに比較的大きな余裕がないと、設置することができません。

以上のように、L型キッチンには、I型キッチンにはない特徴があります。気になる方は、ぜひ一度実際にご覧になることをオススメします。

 

www.matsumoto-koumuten.jp