読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

注文住宅のキッチン~アイランドキッチン~

f:id:matsumoto-326-345:20161222165055j:plain

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

 

今回ご紹介するのは、アイランドキッチンです。アイランドキッチンは、キッチンを壁から引き離して、部屋の中に完全に孤立しているような構造をしています。まるで部屋の中に浮いている島(アイランド)のようなキッチンであるため、、アイランドキッチンと呼ばれています。では、このアイランドキッチンには、機能上のどのような特徴があるのでしょうか?

まず、アイランドキッチンの特徴は、その作業スペースです。キッチンが全く壁に接していないため、キッチンの4方をすべて作業スペースにすることができます。壁に接していないため、2人と言わず、もっと多くの人数でお料理を楽しむこともできるのです。ホームパーティーがお好きな方には、非常に重宝するキッチンだと言えるでしょう。

また、豪華で存在感のあるデザインも大きなメリットの一つです。アイランドキッチンは部屋の中に独立して存在するため、部屋のなかでのキッチンの存在感が大きくなります。そのため、アイランドキッチンを設置する間取りをうまく確保することができれば、部屋に開放的でゴージャスな印象を持たせることができるでしょう。

一方で、存在感のあるアイランドキッチンならではのデメリットもいくつか存在します。まず、開放感の裏返しとして、油はねなどのお料理の際にでる汚れが目立ちやすいことです。アイランドキッチンは、I型、L型、セパレート型キッチンとは異なり、リビングとキッチンを遮るものがないため、リビングからキッチンが丸見えになってしまいます。そのため、常にキッチン周りを意識しておかないと、すぐに汚れてしまいますし、それが簡単に人に見られてしまうのです。

また、アイランドキッチンの設置には、大きなスペースが必要になることもデメリッとなります。壁に接していない構造的特徴上、部屋の間取りに余裕がないと、窮屈な印象を与えてしまいかねません。

いかがでしたでしょうか?存在感のあるアイランドキッチン、部屋のスペースに余裕のあるという方は一度検討されることをオススメします。

 

www.matsumoto-koumuten.jp