読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

断熱効果に期待!ペアガラスについて

夏や冬には、できるだけ外気とは遮断して、快適な住環境を作り上げたいものですよね。
そのために重要になるのが家の断熱性ですが、家の断熱性を向上させるためには、様々な手段を取ることができます。

例えば、高性能な断熱材を用いた家づくりを行ってもらったり、気密性の高い家にしたり…様々な手段があるものです。
今回紹介するのは、ペアガラスについてです。

ペアガラスというと、北国のような寒い地域に住んでいらっしゃる方には馴染み深いかもしれませんね。
ペアガラスは、1枚だけでできている通常の窓のガラスとは異なり、2枚のガラスを合わせて1枚のガラスとしているのが特徴です。

通常の1枚のガラスは、思っている以上に外の熱、あるいは冷気を家の中に取り込んでしまいます。
冬場には、窓際だけ特別寒く感じたりすることがありますよね。
外壁にいくら断熱対策を施していたとしても、窓の断熱対策をおろそかにしていては、思っている通りの効果を得られないこともあるでしょう。
外の気温にできるだけ左右されない、快適な環境を作り出したい場合、ペアガラスは大きく貢献してくれます。

ただ、ペアガラスにしたからと言って、外壁と同程度の断熱効果を期待することはできません。
複層によって外の熱が入りにくくなっているとはいっても、ガラスはガラスですから、ある程度は仕方ないと考える必要があります。
それでもペアガラスの断熱効果は、通常の住宅に取り付けられているものと比較しておよそ2倍と言われていますから、どうしても窓が欲しいという場合には最適でしょう。
最近ではガラスが3層になったトリプルガラスが登場し、寒い地域ではスタンダードになりつつあります。
我々の住む京都でも盆地特有の夏蒸し暑く、冬底冷えの気候にはより効果の高いトリプルガラスも決して贅沢品ではないと思います。

さて、2枚のガラスで構成されているペアガラスですが、2枚のガラスの中には乾燥空気が込められています。
乾燥空気とは、水分の含まれていない空気のことです。
なぜ乾燥空気が込められているのでしょうか?
ひとつは、水分の含まれていない空気を用いることでガラス内部の結露を防ぐこと、もうひとつは、乾燥空気がガラスなどに比べて熱伝導が低いという効果を期待できるからです。
最近では乾燥空気以外に、より熱伝導率が低いアルゴンガス、クリプトンガスが入っている高性能なものも出回っています。
また、ガラスだけでなく、窓やドア自体も断熱性の高いものを選定することによってより快適な住空間にすることができます。

いかがでしたか?
できるだけ断熱性の高い家にしたい!とお考えの方は、一番熱の出入りする窓、ドア等の開口部の高断熱化を検討してみてください。