読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

業者選びのポイント

 松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

 

リフォームをするにも非常に多くのお金がかかりますよね。
しかし、せっかく高額のお金を払ったのに後々住宅に欠陥が見つかるというようなことも起こっています。
そのようなことを防ぐためにも安心できる業者にお願いし、納得のいく家にしたいですよね。


そこで今回はりフォームにおける業者の選び方についてお話します。

まず、リフォームをする会社は様々な種類があります。


住宅メーカーは新築物件だけを扱っているように思いますが、リフォームもやっています。
ただし、リフォームはその会社の子会社が担当しているものも多いようです。
有名大手メーカーのため、安心できるというお客さんも多いようですが、
多くの宣伝費、人件費等の経費を使っているのも確かです。


工務店は弊社のような地域密着型で中小規模のものが多いです。
工務店でもまた、新築もリフォームもすることが出来ます。
小規模、少人数のところが多く、大手メーカーに比べてあまり宣伝なども
しませんので、認知度は低いですが、古くから地元に根付き豊富な実績を
持っているところも少なくありません。
価格も大手メーカーに比べて割安なことが多いです。

設計事務所はデザインや図面を書くことをメインとしています。
そのため、デザイン性の高い住宅を求める方にはおすすめです。
もちろん、設計費+施工費になるので多少割高になります。


リフォーム会社は自社でリフォームをするところもあれば、下請けにリフォームをさせるところもあります。
そのため、特に後者の場合は注意をしなければなりません。
打ち合わせや見積を営業マンがして、実際の工事は下請けに丸投げ
し、工事の管理をする現場監督がいない場合などは、トラブルになることが
多く発生しています。


専門工事業者は特定のものの工事を専門としています。
工務店の下請けで実際に工事してもらうことが多く、直接お客さんからの依頼を受けるところは少ないようです。
しかし専門であるために、価格は安く抑えることが出来ます。


ではこれらの中からどのようなことに注意すればいいのでしょうか。
まず、ご自身が希望するリフォームを以前にも施工した実績があるのかどうかです。
普通は何を自社で行っていて、何を下請けに任せているのかは教えてくれません。
そのため、初めて行うリフォームの依頼だとそれを得意とする下請けを知らないかもしれません。
ですので、希望のリフォームの実績が沢山あるところがいいでしょう。


価格に関しては我々業者から言えば悪徳業者は別として、安いには安い理由があるし、高いには高い理由があると思います。

安い理由は「商品が安い」、「人件費や経費が安い」のどちらかです。
「商品が安い」は企業努力で安く仕入れている場合がありますが、
極端に安くなることはあまりないと思います。
「人件費が安い」は職人さんの熟練度が低く単価が安い、又は職人さんの仕事をこなすスピードが早くて沢山出来るから安い
の2パターンが考えられますが、いずれも仕事が雑になったり手抜きになる可能性があります。
経費が安いは現場監督がいなかったり、いても現場の管理をしない等品質の低下が懸念されます。
つまり、安かろう、悪かろうとなるのではと考えます。

高い理由は安いの逆で「仕入れが高い」、「人件費、経費が高い」ともう一つ、「利益を多く取っている」場合も考えられます。
会社の規模にもよりますが、総じて規模が大きいほど経費は掛かります。
また、腕の良い職人さんや丁寧な仕事を心掛けている職人さんはどうしても人件費が掛かります。
現場管理もきちんと行えばそれだけ経費も掛かります。
しかし、これらはすべてお客様の価値観で高くも安くもなるものだと考えます。

いろいろな業者がありますが、お客様目線で何を求めてリフォームするのかをきちんと
理解した上で、的確でなおかつコストの無駄を抑えることが出来る提案をする業者を選んでくださいね。

 

www.matsumoto-koumuten.jp