読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

家づくりの優先順位って?

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

f:id:matsumoto-326-345:20170407115852j:plain

 

家づくりをスムーズに進めるために、優先順位をつけておくことはとても大切なことです。しかし、家づくりを何度も経験したことがある人はまれですから、何を優先すべきなのかを考えるのはとても難しいですよね。
優先順位をつけるうえで大切にしてほしいことが、「家を建てたあとに変更できるかどうか」という視点です。今回はその視点に基づいて、家づくりにおいて優先するべきポイントについてご紹介していこうと思います。

・家の性能
家づくりで一番重要だともいわれるのが家の性能です。家の性能とは気密性や断熱性、耐震性といった建物そのものの構造や性能のことを指します。家を建ててから家の性能を変えたいとなると建て替えなどの大規模な工事が必要になりますから、家を建てる時点でよく吟味しておく必要があります。家の性能は暮らしの快適さに直結しますから、できるだけ妥協しないようにしましょう。
そんな家の性能を左右するのが、断熱性の観点からは断熱材や窓などの外部に面する部分に使う部材、耐震性の観点からはどんな工法を使ってどれだけの耐震性能を確保するかを選択して決めていくことにあります。
様々な種類があり、それぞれに特徴があるためここでは紹介しきれませんが、後になって後悔がないようにしっかりとひとつひとつを吟味してください。

・家の間取り・設備
家の性能に次いで大事なのが、家の間取りや基本的な設備です。こちらも建てた後に変更するとなるとリフォームが必要になってしまいますから、家づくりの時点でよく考えておく必要があります。特に家の間取りは、これから子供が増える予定があるかどうかや、実際生活していくときの動線など将来のことを考えた設計にする必要があるので注意してください。

・家のデザインや雰囲気
家づくりをするうえでまず考えるのが家のデザインや雰囲気だという方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり優先しすぎないようにしましょう。デザインを追求するあまりに建設費用が高額になってしまい、大事な部分を削らなければならなくなって、その結果として家の性能が悪くなってしまったら本末転倒です。

いかがでしたでしょうか。
今回は「家を建てたあとに変更できるかどうか」という視点から、優先するべきポイントについてご紹介しました。もちろん人によって優先したいポイントは変わりますが、今回お話した内容が少しでもお役に立てば幸いです。

www.matsumoto-koumuten.jp