読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本工務店 家づくりに役立つブログ

家づくりに役立つ情報を発信しています

無垢フローリングの魅力

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修

木目柄が美しく、モダンな雰囲気を出してくれる無垢フローリングに魅力を感じる方は、多くいらっしゃいます。
そこで今回は、無垢フローリングの魅力についてのご紹介です。


純木造の住宅に入ると、どこか目には見えない暖かさを感じたりはしませんか?
自然の木で作られた無垢フローリングの家の中でも、このような暖かさを感じることができるようになっています。
この暖かさは、木材の熱伝導率の低さが大きく影響していて、その熱伝導率の低さは鉄や陶器に比べると数倍にもなるというほどです。
熱伝導率が低い木材でできた無垢フローリングは、フローリングの奥の熱を表面にはそれほど伝えないため、いつ触れても熱すぎず冷たすぎず、適度な暖かさを感じることができるでしょう。


触れるという点では、木材は鉄やコンクリートでは感じられない「適度な硬さ」を感じることができますね。
この「適度な硬さ」も樹種によって違ってきます。
杉や桧や松は少し柔らかめですが素足で触れた感触はとても心地よくぬくもりを感じます。
反対にナラやクリなどは硬くて丈夫ですが、少し冷たい感じがします。
木材は、成長していく過程で内部の無数の導管が発達していきますが、これが乾燥していくと空気層として存在し、程よいクッション性を持つようになるのです。
鉄等とは違って柔らかい無垢フローリングは傷つきやすくもありますが、日常生活の中で床面にかかる荷重を吸収してくれる無垢フローリングは、快適な歩き心地を提供してくれるかもしれませんね。


また、無垢フローリングには、木材が本来持つ特有の香りを楽しむことができるという魅力もあります。
木材の香りの正体であるフィトンチッドという成分は、精神を落ち着かせたり気分を和らげる効果があるといわれており、実はアロマテラピーなどの原料としても親しまれているのです。
家の中にいるだけでそのリラックス効果を感じることができるなんて、素敵ですよね。
他にも、無垢フローリングには人間が不快に感じる類の臭いを消臭・脱臭するという効果もあるようですから、香り面での期待は大きくなりそうです。


加えて、本物の木材を使用した無垢フローリングでは、経年美を楽しむこともできます。
何年か住んでいる内にフローリングの色があめ色を帯びてくると、趣があって良いものですよ。


いかがでしたか?
無垢材にはいくつかデメリットもあるものですが、非常に多くの魅力を持っているのです。

松本工務店|京都市内の新築・建替え。リフォーム、耐震改修